相続 資産

相続税対策はどうしたらいい?不動産・生命保険で相続税対策とは?

2021年1月6日

FP
今回は相続税対策について紹介していきます。

相続税対策とは?

相続税対策とは、円滑に相続するために、遺言や生前贈与などによって準備をしておくことです。

FP
相続財産が相続税の納税対象となる方は、相続税対策が必要となります。

不動産で相続税対策

不動産で相続税対策するには、市場価格よりも評価額が低い不動産を購入することや、土地等を相続人間で分割しやすい資産に代えておくなどの対策があります。

不動産の相続税対策の例

  • 市場価格よりも評価額が低い不動産を購入する
  • 土地等を相続人間で分割しやすい資産に代えておく
  • 自用地を貸宅地や貸家建付地にして評価額を下げておく
  • 貸宅地と借地権を等価交換して「固定資産税の交換の特例」の適用を受ける
    交換に伴う譲渡所得には課税されない
  • 相続で取得した土地を延納の担保として提供する

生命保険で相続税対策

生命保険で相続税対策するには、相続人に保険料相当額の金銭を贈与して、契約者・死亡保険金受取人を相続人、被保険者を被相続人とする生命保険に加入するというものがあります。

資産の売却で相続税対策

資産の売却で相続税対策するには、相続によって取得した土地・建物・株式などを一定期間内に譲渡し、相続税額のうち一定金額を取得費に加算できる「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」を受けるというものがあります。

借入で相続税対策

借入で相続税対策するには、不動産を相続して延納を選択すると、不動産所得の計算で必要経費とならない利子税が課せられます。
そのため、延納ではなく借入金によって相続税を一括納付し、不動産収入で借入金を返済することで、借入金の利子を不動産所得の必要経費に算入して節税を図ることができます。

  • この記事を書いた人

火災保険の選び方編集部 ファイナンシャルプランナー

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-相続, 資産

© 2021 火災保険の相場。選び方からランキングまで【ウィズマネ火災保険一括見積り】