不動産投資

不動産投資での火災保険の重要性について

2018年6月4日

監修者

ファイナンシャルプランナー 竹国弘城

【経歴】
証券会社、保険代理店での勤務を経て、ファイナンシャルプランナーとして独立。より多くの方がお金について自ら考え行動できるよう、お金に関するコンサルティング業務、執筆業務などを行う。RAPPORT Consulting Office(ラポール・コンサルティングオフィス)代表。1級ファイナンシャルプランニング技能士/CFP

監修日:2021年7月22日

FP
今回は、不動産投資で火災保険に加入する場合のポイントについて紹介します。

火災保険で失敗しない方法

火災保険を不動産投資家や一戸建てに住んでいる方は必ず契約していると思います。
火災保険は一戸建てなら年間2万円~3万円。
アパートであれば年間で10万円くらいの費用が掛かります。

そのため、非常にコストの高い保険となります。
しかし、しっかり学ぶことで損のしない火災保険に入ることができますが、多くの投資家がどこの保険会社に入ればわからないと悩んでいるようです。

火災保険の保険料を支払ったのに、火災保険がおりなかったという事例が数多くありますので、しっかり学んでいきましょう。

火災保険で保険金をしっかりもらうために・・・

実際に火災が起きた場合、査定員がきて査定をするのですが査定をする査定会社は保険会社の下請け会社が行っています。
そのため、多くの保険金をもらおうとしても思った以上にもらえないということが多いんです。
しかし、しっかり知識を持って請求すれば保険金はしっかりもらうことができます。

どのように請求すればいいのでしょうか?

これは保険会社の担当者から教えてもらうことが大切です。
そのため、火災保険はどこの会社に加入すればいいのかというよりも、いろいろ教えてくれる火災保険の担当者を見極めて加入することが大切なんです。

保険会社の人であれば、どんな見積もり・請求が通りやすいのかよく知っているはずです。
そのため、請求が通りやすい内容を教えてくれる担当者のいる保険会社に加入することで満額支払われることになります。

ですが、誰でも教えてくれるわけではありません。

FP
そのため、いろいろな保険会社の人に会い、必要なことを教えてくれる信用できる担当者のいる会社に加入するようにしましょう。

不動産投資での火災保険・地震保険の選び方

火災保険や地震保険は物件を購入される際にほどんどの方が加入されます。
物件を所有する以上、災害による損害を受けるリスクを根本的に防ぐ手立てはないのですが、保険商品は被害額のかなりの割合をカバーすることが可能になります。

見落としがちな日常的なトラブルや器物の破損、機械設備の故障、水回りの不具合に対する出費も火災保険で対応できるケースは多く、火災保険による備えをおろそかにしてはいけません。

東日本大震災までは地震保険に加入せず、火災保険のみの方が多くいたのですが、今ではほとんどの方が火災保険だけでなく地震保険にも加入しています。

共済という損害保険に似たような仕組みもあり、組合員になることで損害保険と同等のサービスを受けることができます。
共済は損害保険よりも掛け金が少ないことが多く、好んで共済を利用する不動産オーナーもいるようです。
ほとんどの人が地震保険にも加入していますが、費用を抑えるため、保険料(掛け金)の安い保険会社、共済に加入している人も少なくないようです。

FP
しかし、火災保険・地震保険は安さではなく、補償範囲の広さで選ぶことをおすすめします。

掛け金が多少割高になったとしても、幅広いリスクに備えておくことで、不測の事故により生じるコストを保険料(掛け金)に限定できます。
結果として不動産経営の安定につながるのです。
発生率の高いトラブルは、省きがちな特約に隠れていることも少なくありません。

火災保険の特約で入居者トラブルに対応する

FP
入居者から損害賠償責任を負った場合に備えて、「施設賠償責任特約」にも加入しましょう。

もし保有する建物や設備の不具合が原因で事故が発生し、入居者がケガをしたり、死亡してしまった場合、あるいは入居者の家財や自動車などを壊してしまった場合、多額の損害賠償を請求されるおそれがあります。

事故が発生しないよう、管理・修繕を行うことはもちろんですが、リスクを完全になくすことはできません。

保険料の安さよりも、トラブルや不具合の際にでもしっかり損害申請ができる火災保険に加入したほうがトータルの費用面で考えてもリスクヘッジの面でもメリットが高いと言えます。

不動産投資で火災保険選びで重要なのは【損保代理店選び】

FP
損害保険に加入する際に保険会社選びより重要になるのが損保代理店選びです。

損保の質は代理店の質といわれるほどで、保険金を保険会社に申請する際に交渉してくれるのが損保代理店だからです。
損保代理店の能力によって、保険金が支払われるかどうか、支払われる保険金額が変わることもあります。

損保代理店の選び方は様々な考え方があり、大手企業の方が保険会社への発言力が強いとか、たくさんの保険を扱う代理店のほうが良い提案をしてくれるなどありますが、大手代理店といっても損保会社の取り扱い量からしてみると小規模なことがほとんどです。

保険請求の審査というのは損保会社の損害課や査定会社が行うので、一代理店の発言が加味されるのかわかりませんし、数十社の保険を提案されても本当にいいものなのかわかりませんよね。

どのような損保代理店を選べばいいのか?

損害保険の請求業務に力を入れている損保代理店を選ぶことをおすすめします。
損保代理店の多くは営業に力を入れており、保険請求が必要な場合は営業マンが付帯業務として行います。

保険金の請求は損保代理店の大切な業務ですが、販売がメインで、事故対応や請求業務に力を入れていない代理店も少なくありません。

請求保険金の請求に精通した担当者、あるいは専任の保険金請求担当者がいて、不動産投資の特性を理解した上で損害保険会社と十分な交渉をしてくれる損保代理店を選ぶことが大切です。

FP
不動産経営を行う上で見落としがちですが、火災保険を味方につけるのはとっても大切なので慎重に検討することが重要です。

不動産投資で火災保険・地震保険への加入は必須

不動産投資で物件を購入する際に必ずリスクがあるのが火災や地震などの自然災害です。
特に日本の場合は地震が多く震度7の地震が起こることもあります。
その際、全壊しなくても建物・屋根の一部が壊れてしまう可能性があります。

また、地震で入居者が事故にあってしまったり、けがをさせてしまったりするとオーナーの責任となり損害賠償責任を負わなければならない可能性もあります。
このような場合に、火災保険や地震保険に加入しておくとかなりリスクが軽減されます。

FP
火災保険は火事だけの補償と思われてしまいがちですが、窃盗やヒョウが降ってきたりだとか、水没しても補償してくれるので 火災保険は必ず加入するようにしましょう。

物件を購入する際に、不動産仲介会社から火災保険はどれにしますか?と言われますので加入忘れというのは基本的にはないと思いますが、火災保険、地震保険に加入するということは覚えておいてください。

今後不動産投資で物件を増やしていきたいと思っている人は物件が増えれば増えるほどリスクは増えますので、必ず火災保険に加入してリスクに備えておきましょう。

基本となるのは、火災保険と地震保険による建物に対する補償と、施設賠償責任特約による賠償責任に対する補償です。
家賃保証などのオプションは、それらの補償を確保した上で、必要に応じて検討すればよいでしょう。

不動産投資で火災保険の内容を理解することは大切

FP
物件購入後に火災保険に加入するのですが、その内容についてしっかり理解しておくことは非常に重要です。

1棟物件であれば、土地と建物付きの不動産を購入するとうことで、万が一将来何かあった場合に、火災保険や地震保険が適用されるかどうかがとても重要になってきます。

火災保険、地震保険は名前の通り火災と地震だけを補償してくれる保険ではなく、基本的には全ての事象に対して保険でカバーされるというイメージでいいと思います。
特に火災保険に関しては火災だけでなく台風や水害、突発的な事故などいろいろな事象に対してカバーされます。

注意したいのは、事象が起こったことに対して補償されるのではなく、それにより建物や設備、家財が壊れるなど実際に生じた損害に対して補償されるという点です。
また、あくまで偶然の事故による損害が対象であり、建物の老朽化などが原因の場合には保険金は支払われません。

例えば、台風によって屋根が飛ばされ、破損した場所からの雨漏りによって室内に損害が生じた場合、屋根の修理費用と室内の損害は「風災」の補償対象となり保険金が支払われます。

これに対し、建物の老朽化が原因で発生した雨漏りにより室内に損害が生じても保険金は支払われません

建物の構造で木造やRC造では掛け金は異なります。掛け金だけでなく、会社によって火災保険はカバーされる範囲も異なります。

物件を購入した際に不動産仲介業者に保険会社を勧められることもあると思いますが、基本的には不動産業者が代理店となっている、あるいは提携している保険会社ですので、必ずしもあなたにとって最適な保険会社、商品ではない可能性があります。
本当に自分にあった保険会社、商品なのか、内容をよく検討しましょう。

FP
どこの保険会社に入るかということに関しては、勧められるままに加入するのではなく各会社の火災保険のパンフレットを取り寄せて中身をチェックしたり、見積もりを各会社でとってみることも大切です。

特に物件を増やしていくのであれば、自分に合った保険会社を探しておくことは重要です。

不動産投資の火災保険料は経費になる!

火災保険は自宅にかける分には経費にすることはできませんが、不動産投資の場合は事業として購入した物件に対する火災保険なので、火災保険料は確定申告の際に「損害保険料」として経費計上することができます。

また、火災保険と一緒に地震保険に加入している場合の地震保険料も経費として計上することができます。

FP
火災保険と地震保険を同時に加入する場合、別々に経費計上する必要があるので注意が必要です。

ちなみに、火災保険を長期契約した際は、1年分ごとに経費計上する必要があります。

ポイント

5年契約で保険料を10万円一括で支払った場合は、1年分が2万円なので、2万円ずつ計上します。
FP
火災保険も地震保険も事業目的であれば、経費計上できますのでちゃんと加入するようにしましょう。

火災保険、本当にそれでいいの?FPが教える火災保険の見直し方

日常生活の中で、火災保険について見直そうと考えている人は少ないと思います。
また、家を購入した方は契約の際に火災保険へ加入して保険料も一括払いでそのまま忘れていたなんて方も多いでしょう。

FP
忘れている方にも思い出してほしい「火災保険」の見直し方について解説します。

火災保険はいつでも見直しできる!

火災保険は、生命保険とは違って貯蓄性はなく、掛け捨てであることが多いです。
※満期返戻金が支払われる火災保険もありますが、保険料が高額となります。

そのため、火災保険加入時に保険料を一括で支払ったという方でも、解約すれば解約返戻金として残りの保険期間の保険料は払い戻されます。

FP
つまり、火災保険はいつ見直しても損しない!ということです。

火災保険の補償は自然災害だけじゃない!だから自分で比較して選ぶことが大事

火災保険は、火災の損害を補償してくれる保険と思っていませんか?

FP
火災保険の補償は、火災や風災だけではありません!

火災保険の基本補償

  • 火災・落雷・破裂・爆発
  • 風災・ひょう災・雪災
  • 水災
  • 水濡れ
  • 物体の落下・飛来・衝突
  • 騒じょう・集団行動などによる破壊
  • 盗難・盗難による破損・汚損
  • 偶然な事故による破損・汚損

火災保険は、火災だけでなく盗難や破損汚損などのリスクも補償してくれる「家の保険」です。
そのため、自宅に必要な補償か必要のない補償かは自分自身でしか判断できないのです。

不動産会社や住宅メーカーから勧められる火災保険では、基本的に全ての補償がセットになったプランとなっています。
もし加入している火災保険に全ての補償がついていたとしても、火災保険で補償されることを知らずに自費で修理していたら保険料を支払っている意味がありませんよね。

でも、自分で補償を選ぶのは難しそう…。面倒くさいという方がほとんどだと思います。
そんな方でも簡単に自分で火災保険の補償を選ぶ方法・比較する方法があります。

火災保険はプロに相談して、自分で比較・選択する!

自分で一から火災保険について調べるのは面倒ですし、時間もかかります。

FP
そこで便利なサービスである、一括見積もりサービスを有効活用しましょう。

火災保険の一括見積もりサービスを利用することで、火災保険のプロと必要な補償を相談することができます。
自宅の状況や生活環境について話をすることで、必要な補償はどれか、不必要な補償はどれかを教えてくれます。

比較できる会社数が多いからおすすめ「ウィズマネ火災保険」

なぜ「ウィズマネ火災保険」がおすすめなのかというと、最大12社の火災保険から見積もり比較できるからなんです。

火災保険会社12社を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
ウィズマネ火災保険」なら、それを火災保険のプロが適切な火災保険を選んで提案してくれます。
最大12社から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できます。

FP
私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる会社数が多かったです。
比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。

※比較できる商品数が多いとアピールしている一括見積もりサービスがありますが、実際には同じ火災保険会社の商品でも別商品としてカウントしているため、比較できる会社数が多い方が比較できる数は多くなります。

さらに!おすすめなところは

  • たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能
  • 火災保険のプロが無料で提案してくれる
  • 納得がいくまで何度でも無料で相談できる
    見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料見積りをしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません。
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいのです。

簡単に、火災保険料を詳しく見積もれるので気軽に依頼してみてください。
火災保険の見積もりサービスは沢山ありますが、今回は1番おすすめの「ウィズマネ火災保険」のみご紹介しました。

火災保険の見直しや加入の際に、是非参考にしていただければと思います。
無駄な補償をつけたり、火災保険料の支払いをしないように、自分で火災保険を見直しましょう。

ウィズマネ火災保険はコチラから

  • この記事を書いた人

火災保険の選び方編集部 ファイナンシャルプランナー

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-不動産投資
-

© 2021 火災保険の相場。選び方からランキングまで【ウィズマネ火災保険一括見積り】