戸建・分譲マンション

火災保険安いランキング!火災保険会社11社の中でBEST3を紹介します。

2020年4月1日

火災保険料が安い保険会社が知りたい!
では今回は、火災保険料が安い保険会社の上位3位を紹介したいと思います。
FP

火災保険料の安い保険会社BEST3位はどこ?

火災保険料を比較した11社はこちら↓↓↓

  • 日新火災「住自在」
  • セコム損保「セコム安心マイホーム保険」
  • 楽天損保「ホームアシスト」
  • 損保ジャパン「THE すまいの保険」
  • セゾン自動車火災「じぶんでえらべる火災保険」
  • 三井住友海上「GKすまいの保険」
  • ソニー損保「新ネット火災保険」
  • 東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」
  • ジェイアイ傷害火災「ieho」
  • あいおいニッセイ同和損保「タフ・すまいの保険」
  • SBI損保

この14社の火災保険料をできるだけ同じ条件のもとで比較し、ランキングを作成しました。

※2020年4月現在の保険料で比較しています。

マンションの安い火災保険 BEST3

3位 楽天損保「ホームアシスト」

楽天損保「ホームアシスト」は契約まで全てネット完結型の火災保険です。

個別順位

保険金額\契約期間
火災保険1年
火災保険3年
火災保険5年
火災+地震保険1年
火災+地震保険3年
火災+地震保険5年
建物:1000万円
家財:300万円
3位
3位
3位
3位
3位
3位
建物:1000万円
家財:500万円
3位
3位
3位
3位
3位
3位
建物:1500万円
家財:300万円
2位
2位
3位
2位
2位
3位
建物:1500万円
家財:500万円
2位
2位
3位
2位
2位
3位

このように、マンション(M構造)の保険料をいろいろな保険金額のパターンと契約期間のパターンをシミュレーション比較して、3位率が一番高くなったため、楽天損保「ホームアシスト」は3位とさせていただきました。

楽天損保「ホームアシスト」についてはこちらで詳しく紹介しています


2位 ソニー損保「新ネット火災保険」


ソニー損保「新ネット火災保険」は、インターネットでのダイレクト販売と、補償の組合せを自分で自由に選べることから、火災保険料が安くなっています。

個別順位

保険金額\契約期間
火災保険1年
火災保険3年
火災保険5年
火災+地震保険1年
火災+地震保険3年
火災+地震保険5年
建物:1000万円
家財:300万円
2位
2位
2位
2位
2位
2位
建物:1000万円
家財:500万円
2位
2位
2位
2位
2位
2位
建物:1500万円
家財:300万円
3位
5位
2位
3位
3位
2位
建物:1500万円
家財:500万円
3位
3位
2位
3位
3位
2位

こちらも複数のパターンを総合して2位率が一番高かったため、ソニー損保「新ネット火災保険」を2位とさせていただきます。

ソニー損保「新ネット火災保険」についてはこちらで詳しく紹介しています


1位 ジェイアイ傷害火災「ieho」


ジェイアイ傷害火災「ieho」は旅行会社JTBグループと保険会社のAIGグループが合弁した会社で、代理店を通さないことで、営業コストや事務コストを削減でき、火災保険料を安くできるという特徴を持っています。

個別順位

保険金額\契約期間
火災保険1年
火災保険3年
火災保険5年
火災+地震保険1年
火災+地震保険3年
火災+地震保険5年
建物:1000万円
家財:300万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位
建物:1000万円
家財:500万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位
建物:1500万円
家財:300万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位
建物:1500万円
家財:500万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位

複数のパターン全てにおいて、ジェイアイ傷害火災「ieho」は1位でした。

ジェイアイ傷害火災「ieho」についてはこちらで詳しく紹介しています

くわしく
ジェイアイ傷害火災保険の「ieho」はインターネットで申し込むから安い!

FP今回は、ジェイアイ傷害火災保険の持ち家専用火災保険「ieho」について紹介していこうと思います。 ※ この記事は、2021年1月時点での情報を参考にしています。 ジェイアイ傷害火災保険「ieho」 ...

続きを見る

木造戸建ての安い火災保険 BEST3

3位 セコム損保「セコム安心マイホーム保険」


セコム損保「セコム安心マイホーム保険」は補償範囲に応じて3つの基本補償プランから選ぶことができる火災保険です。

個別順位

保険金額\契約期間
火災保険1年
火災保険3年
火災保険5年
火災+地震保険1年
火災+地震保険3年
火災+地震保険5年
建物:2000万円
家財:300万円
4位
4位
4位
3位
4位
建物:2000万円
家財:500万円
3位
2位
3位
2位
建物:2500万円
家財:300万円
4位
3位
4位
3位
4位
建物:2500万円
家財:500万円
4位
4位
2位

木造戸建て(H構造)の保険料に関しても、いろいろな保険金額のパターンと契約期間のパターンをシミュレーション比較して、3位率が一番高くなったため、セコム損保「セコム安心マイホーム保険」は3位とさせていただきました。

セコム損保「セコム安心マイホーム保険」についてはこちらで詳しく紹介しています


2位 日新火災「住自在」


日新火災「住自在」は、住宅ローン利用者に向けに補償が選べる自由設計型火災保険となっています。

個別順位

保険金額\契約期間
火災保険1年
火災保険5年
火災+地震保険1年
火災+地震保険5年
建物:2000万円
家財:300万円
2位
2位
2位
2位
建物:2000万円
家財:500万円
2位
2位
2位
2位
建物:2500万円
家財:300万円
2位
2位
2位
2位
建物:2500万円
家財:500万円
2位
2位
2位
2位

シミュレーション可能な複数のパターン全てが日新火災「住自在」は2位でした。

日新火災「住自在」についてはこちらで詳しく紹介しています


1位 ジェイアイ傷害火災「ieho」


マンションの火災保険料の安さでもジェイアイ傷害火災「ieho」は1位でしたが、木造戸建ての保険料の安さでも第1位となりました。

個別順位

保険金額\契約期間
火災保険1年
火災保険3年
火災保険5年
火災+地震保険1年
火災+地震保険3年
火災+地震保険5年
建物:2000万円
家財:300万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位
建物:2000万円
家財:500万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位
建物:2500万円
家財:300万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位
建物:2500万円
家財:500万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位

ジェイアイ傷害火災「ieho」についてはこちらで詳しく紹介しています

くわしく
ジェイアイ傷害火災保険の「ieho」はインターネットで申し込むから安い!

FP今回は、ジェイアイ傷害火災保険の持ち家専用火災保険「ieho」について紹介していこうと思います。 ※ この記事は、2021年1月時点での情報を参考にしています。 ジェイアイ傷害火災保険「ieho」 ...

続きを見る

鉄骨造戸建て・耐火性能のある木造戸建ての安い火災保険 BEST3

3位 東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」


東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」は補償範囲に応じて3つの基本補償プランから選ぶことができる火災保険です。

個別順位

保険金額\契約期間
火災保険1年
火災保険5年
火災+地震保険1年
火災+地震保険5年
建物:2000万円
家財:300万円
3位
3位
3位
3位
建物:2000万円
家財:500万円
3位
3位
3位
3位
建物:2500万円
家財:300万円
3位
3位
3位
3位
建物:2500万円
家財:500万円
3位
3位
3位
3位

シミュレーション可能な複数のパターン全てが東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」は3位でした。

東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」についてはこちらで詳しく紹介しています


2位 ソニー損保「新ネット火災保険」


マンションの火災保険の安さと同じく、鉄骨戸建て・耐火性能のある木造戸建て(T構造)においてソニー損保が第2位となりました。

個別順位

保険金額\契約期間
火災保険1年
火災保険3年
火災保険5年
火災+地震保険1年
火災+地震保険3年
火災+地震保険5年
建物:2000万円
家財:300万円
2位
2位
2位
2位
2位
2位
建物:2000万円
家財:500万円
2位
2位
2位
2位
2位
2位
建物:2500万円
家財:300万円
2位
2位
2位
2位
2位
2位
建物:2500万円
家財:500万円
2位
2位
2位
2位
2位
2位

ソニー損保「新ネット火災保険」についてはこちらで詳しく紹介しています


1位 ジェイアイ傷害火災「ieho」


ジェイアイ傷害火災「ieho」は鉄骨造戸建て・耐火性能のある木造戸建ての保険料の安さでも第1位となりました。

個別順位

保険金額\契約期間
火災保険1年
火災保険3年
火災保険5年
火災+地震保険1年
火災+地震保険3年
火災+地震保険5年
建物:2000万円
家財:300万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位
建物:2000万円
家財:500万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位
建物:2500万円
家財:300万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位
建物:2500万円
家財:500万円
1位
1位
1位
1位
1位
1位

ジェイアイ傷害火災「ieho」についてはこちらで詳しく紹介しています

くわしく
ジェイアイ傷害火災保険の「ieho」はインターネットで申し込むから安い!

FP今回は、ジェイアイ傷害火災保険の持ち家専用火災保険「ieho」について紹介していこうと思います。 ※ この記事は、2021年1月時点での情報を参考にしています。 ジェイアイ傷害火災保険「ieho」 ...

続きを見る

火災保険が安い総合ランキングBEST3は!

FP
構造別に安い火災保険料の保険会社BEST3を紹介してきましたが、最後に火災保険料の安さ総合ランキングBEST3を紹介したいと思います。

評価方法

構造別に火災保険料をシミュレーションし、その保険料の安い順で点数(1~5点)をつけ、その点数の合計得点が多い順にランキングを作成いたしました。

第3位 楽天損保・日新火災・セコム損保

楽天損保はマンションの3位に入っていて、日新火災、セコム損保は木造戸建ての2位と3位にランクインしています。

第2位 ソニー損保

総合2位は、マンションと鉄骨戸建てで2位にランクインしたソニー損保となりました。

第1位 ジェイアイ傷害火災

全ての構造において1位を獲得したジェイアイ傷害火災が総合ランキング1位となりました。

今回、保険料の安さでランキングを作成しましたが、火災保険は安さだけで選んでしまうのはキケンです。
保険料は補償内容や都道府県などの多くの要因で変わってきます。

安い保険料の火災保険に加入したいと思いがちですが、万が一の際にしっかり保険金を受け取ることのできるように、補償内容などについてもしっかり吟味した上で、契約することをおすすめします。

【無料】最大10社の見積もりを比較できるサービスご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料見積もりサービス「ウィズマネ火災保険」です。

たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険の無料見積もりサービス「ウィズマネ火災保険」なら、たった3分で簡単に見積もり依頼をすることができるんです。

火災保険のプロがリスクに合わせて必要な補償を提案してくれる!

ウィズマネ火災保険」では、火災保険のプロ自宅のリスクに合わせて必要な補償を提案してくれます。
そのため、本当に必要な補償のみに加入することができるんです。

補償って何をつけるべきか全然わからない…。
沢山付けたら、火災保険料が高くなるし。

という方には、保険のプロが保険リスクを無料診断してくれます。
さらに、約4万件の契約実績もあるので、安心できますよ!

最大10社の火災保険から見積もり比較できる!

保険会社10社の火災保険を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
ウィズマネ火災保険」なら、保険のプロがそれぞれの家庭に合わせて最適な火災保険を提案してくれます!
最大10社から提案してくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できますよ。

比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。
FP

さらに!おすすめポイント

  • 火災保険の見積もり依頼後は、納得がいくまで何度でも無料で相談できる!
    見積もりだけ渡されて終わりというわけではなく、納得がいくまで相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料診断をしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいんです!

火災保険の比較を自分でするのは難しいと思ってたんだよね。
これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。
これからは、簡単便利に最適な火災保険に加入してくださいね。
FP

さらに、火災保険の見直しは2021年中の今がお得!

2022年に火災保険料の値上げが予定されています。
近年、台風や大雨による災害が多く発生していて、火災保険料は年々値上がり傾向にありましたが、2022年の値上げは、値上げ幅が過去最大と言われているのです!
また、火災保険料の値上げだけでなく、契約期間が最長10年間から5年間に短縮される可能性も高くなっています。

そのため、2021年中の今のうちに火災保険の契約を見直して、10年契約しておくことをおすすめします。

ウィズマネ火災保険はコチラから

  • この記事を書いた人

火災保険の選び方編集部 ファイナンシャルプランナー

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-戸建・分譲マンション

© 2021 火災保険の相場。選び方からランキングまで【ウィズマネ火災保険一括見積り】