東京海上日動 火災保険会社

東京海上日動の火災保険「トータルアシスト住まいの保険」の口コミ・評判を紹介!再発防止にもお金がもらえる保険。

2018年8月17日

監修者

ファイナンシャルプランナー 竹国弘城

【経歴】
証券会社、保険代理店での勤務を経て、ファイナンシャルプランナーとして独立。より多くの方がお金について自ら考え行動できるよう、お金に関するコンサルティング業務、執筆業務などを行う。RAPPORT Consulting Office(ラポール・コンサルティングオフィス)代表。1級ファイナンシャルプランニング技能士/CFP

監修日:2021年7月22日

火災保険で保険金を受け取ったことのある242人にアンケートを実施しました。

FP
今回はアンケートの調査結果から東京海上日動の口コミ・評判を紹介したいと思います。

※ この記事は、2021年3月時点での情報を参考にしています。

※アンケート概要「火災保険で保険金を受け取った方への補償内容に関する調査」火災保険の選び方編集部,調査期間2020年2月~2020年3月、2021年3月.

東京海上日動の火災保険とは?

東京海上日動の火災保険「トータルアシスト住まいの保険」では、火災や風災等の災害だけではなく、盗難や偶然な事故による破損等の日常災害、各種付帯サービスも充実していて、日常生活もサポートしてくれる保険となっています。

FP
本サイトでは独自に火災保険会社14社の保険料をシュミレーションできます。
火災保険選びにご活用ください!

→ 東京海上と他火災保険会社13社の保険料をシュミレーションしたい方はこちら!

東京海上日動の火災保険の詳細はこちらで紹介しています

東京海上
火災保険で東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」は付帯サービスが充実!

FP今回は東京海上日動の火災保険について詳しく解説していきたいと思います。 ※ この記事は、2021年1月時点での情報を参考にしています。 東京海上日動の火災保険とは? 東京海上日動の火災保険「トータ ...

続きを見る

東京海上の火災保険の口コミ・評判を紹介!〈アンケート調査から〉

242人にアンケートを実施したところ、14.9(36人)の方が東京海上の火災保険に加入していることがわかりました。

【18社の火災保険会社+その他】の中から選択してもらう形式でアンケートを実施し、アンケートを実施した方の中では加入者が2番めに多いという結果になりました。

FP
東京海上の口コミ・評判はこちら!

東京海上の火災保険へ加入を決めた理由は?

東京海上の火災保険に加入していると回答した36人に、『なぜ加入を決めたのか』についても質問しました。

FP
加入理由で多かった回答の上位3位を紹介します。

1位 マンションや住宅購入の契約時に勧められたから

2位 親や友人からの紹介

3位 大手だから安心できる

でした。

東京海上の火災保険に加入している人の加入理由で圧倒的に多い理由が、「契約時に勧められた火災保険に加入した」でした。
中には、勧められた火災保険に強制的に加入しなければならないと思っている方も多くいました。

火災保険は強制的に加入させられるものではありません。
賃貸契約や住宅購入時に一緒に案内されるため、加入するものだと思わされるのですが、自分で自由に比較して選ぶことができます。
必要以上の補償に加入していることもあるため、保険料が割高になることもあります。
FP
火災保険は自分で比較して選んで加入することをおすすめします。

東京海上の火災保険で保険金をもらった災害とは?

局地的な突風で屋根や外壁の一部が剥がれたので、風災で補償されました。

  • 保険の対象:建物
  • 受け取った保険金額:1500万円
  • 受け取るまでの期間:1か月

大雪が降って、屋根の一部や給湯器が壊れてしまい、補償してもらいました。

  • 保険の対象:建物と家財の両方
  • 受け取った保険金額:60万円
  • 受け取るまでの期間:審査されてすぐに

台風第21号による長時間の揺れにより外壁の亀裂が生じ、雨漏り等の被害が出ました。

  • 保険の対象:建物
  • 受け取った保険金額:120万円
  • 受け取るまでの期間:3ヶ月

子どもが遊んでいて窓ガラスにおもちゃをぶつけ、ヒビが入ったのを補償されました。

  • 保険の対象:建物
  • 受け取った保険金額:12,000円
  • 受け取るまでの期間:1ヶ月

マンション3階に住んでおり、下の階から出火、建物は半焼もしませんでしたが、テレビやパソコンが壊れ、家具もススや消防の消火剤だらけになりました。また、住み続けられなかったので、しばらくホテル住まいをしました。

  • 保険の対象:家財
  • 受け取った保険金額:45万円
  • 受け取るまでの期間:1ヶ月

東京海上の火災保険に加入していると回答した人の保険金を受け取るまでの期間は、1週間~5か月くらいと幅広くなっていました。

東京海上日動の「トータルアシスト住まいの保険」では、迅速な保険金の支払いが特徴と謳っていますが、実際にはこんな口コミもありました。

台風被害が出て、2階の1室屋根の雨漏りで保険金を受け取りました。
しかし支払いの対応が遅く、電話しても、中々来ないので再度電話。
3日遅れで損害確認に来ましたが、それから3ヶ月位しても何もなく、再度他の保険会社に乗り換えると連絡すると、その日の午後にやっと屋根の修理含め30万円と回答がありました。

  • 保険の対象:建物と家財の両方
  • 受け取った保険金額:30万円

支払いが遅い場合などは、加入者自身で保険会社に状況を確認することも必要といえます。

東京海上日動の保険金受取の流れはコチラ!

  1. 事故連絡
  2. 初期対応・・・支払われる保険金と請求手続き(罹災現場の確認)
  3. 保険金請求書類受領・・・損害確認、保険金の算出と案内
  4. 支払われる内容の確認・承諾
  5. 保険金受け取り

保険金の請求に必要な書類

  • 保険金請求書
  • 被害状況のわかる写真
  • 修理見積書

東京海上日動カスタマーセンター

  • 保険金請求の相談(事故受付センター)・・・0120-233-316
  • 商品に関する問い合わせ(カスタマーセンター)・・・0120-367-170

出典:東京海上日動

FP
火災保険会社を選ぶ際は、保険金がしっかり受け取れるのかも重要なポイントですよ!

東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」は再発防止にもお金がもらえる。

FP
東京海上の火災保険には【住まいの選べるアシスト特約】が用意されていて、この特約は再発防止策に保険金が支払われるんです。

住まいの選べるアシスト特約とは?

住まいの選べるアシスト特約をつけると、火災、落雷、破裂・爆発事故または盗難事故で損害保険金が支払われる場合に、補償メニューの中から好きな再発防止策を選択できます。
損害保険金が支払われない場合は、利用できません。

限度額:1事故について20万円

補償メニューの中から好きな再発防止策を選択することができます。
この特約は盗難・水濡れ等リスクを補償する場合に契約可能です。

発生した損害別に選択できる再発防止補償メニュー!

火災、落雷、破裂・爆発

  • IHクッキングヒーターまたは火災防止機能付ガスコンロの設置
  • ガス台自動消火器の設置
  • ガス漏れ検知器・警報器等の設置
  • 家庭用スプリンクラーの設置
  • 据付型手動(投てき用でも可)消火器の購入
  • 避雷器等の購入
  • 漏電遮断器の購入

盗難

  • 防犯カギの設置
  • 補助錠、防犯フィルムの設置
  • 再発防止コンサルティングサービスの利用
  • ガラス破壊検知器の購入

共通

  • ホームセキュリティサービスの実施
  • 防犯・防火金庫の設置
  • 災害常備品の購入
  • 植栽の設置
  • 防犯・防火ガラスの設置
  • 防犯カメラセンサー装置の設置
  • 防犯用砂利等の購入
FP
損害だけでなく再発防止にも保険金を受け取れるのは嬉しいですよね。
東京海上日動の火災保険は、損害が発生しないように予防もできる火災保険です。

東京海上の火災保険に向いているのはこんな人!

FP
東京海上日動の火災保険がおすすめな人はこちらです!

東京海上はこんな方におすすめ

  • 補償は手厚い方が良い人!
  • 損害の再発防止も補償してほしい人!
  • 付帯サービスが充実していてほしい人!
  • 大手保険会社の方が安心できる人!

東京海上日動は、4大損害保険会社の1つとされています。
大手企業であれば、その分人員が多いためサポートなども充実しているイメージがありますよね。

実際の対応は営業マンごとに違う可能性はありますが、やっぱりネームバリューがあると安心できるのも事実です。

FP
保険会社はいろいろ比較して総合的に良いと思える会社で加入することがオススメです。
大手というだけでなく、補償内容や保険金の支払い対応なども比較検討しましょう。

火災保険、本当にそれでいいの?FPが教える火災保険の見直し方

日常生活の中で、火災保険について見直そうと考えている人は少ないと思います。
また、家を購入した方は契約の際に火災保険へ加入して保険料も一括払いでそのまま忘れていたなんて方も多いでしょう。

FP
忘れている方にも思い出してほしい「火災保険」の見直し方について解説します。

火災保険はいつでも見直しできる!

火災保険は、生命保険とは違って貯蓄性はなく、掛け捨てであることが多いです。
※満期返戻金が支払われる火災保険もありますが、保険料が高額となります。

そのため、火災保険加入時に保険料を一括で支払ったという方でも、解約すれば解約返戻金として残りの保険期間の保険料は払い戻されます。

FP
つまり、火災保険はいつ見直しても損しない!ということです。

火災保険の補償は自然災害だけじゃない!だから自分で比較して選ぶことが大事

火災保険は、火災の損害を補償してくれる保険と思っていませんか?

FP
火災保険の補償は、火災や風災だけではありません!

火災保険の基本補償

  • 火災・落雷・破裂・爆発
  • 風災・ひょう災・雪災
  • 水災
  • 水濡れ
  • 物体の落下・飛来・衝突
  • 騒じょう・集団行動などによる破壊
  • 盗難・盗難による破損・汚損
  • 偶然な事故による破損・汚損

火災保険は、火災だけでなく盗難や破損汚損などのリスクも補償してくれる「家の保険」です。
そのため、自宅に必要な補償か必要のない補償かは自分自身でしか判断できないのです。

不動産会社や住宅メーカーから勧められる火災保険では、基本的に全ての補償がセットになったプランとなっています。
もし加入している火災保険に全ての補償がついていたとしても、火災保険で補償されることを知らずに自費で修理していたら保険料を支払っている意味がありませんよね。

でも、自分で補償を選ぶのは難しそう…。面倒くさいという方がほとんどだと思います。
そんな方でも簡単に自分で火災保険の補償を選ぶ方法・比較する方法があります。

火災保険はプロに相談して、自分で比較・選択する!

自分で一から火災保険について調べるのは面倒ですし、時間もかかります。

FP
そこで便利なサービスである、一括見積もりサービスを有効活用しましょう。

火災保険の一括見積もりサービスを利用することで、火災保険のプロと必要な補償を相談することができます。
自宅の状況や生活環境について話をすることで、必要な補償はどれか、不必要な補償はどれかを教えてくれます。

比較できる会社数が多いからおすすめ「ウィズマネ火災保険」

なぜ「ウィズマネ火災保険」がおすすめなのかというと、最大12社の火災保険から見積もり比較できるからなんです。

火災保険会社12社を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
ウィズマネ火災保険」なら、それを火災保険のプロが適切な火災保険を選んで提案してくれます。
最大12社から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できます。

FP
私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる会社数が多かったです。
比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。

※比較できる商品数が多いとアピールしている一括見積もりサービスがありますが、実際には同じ火災保険会社の商品でも別商品としてカウントしているため、比較できる会社数が多い方が比較できる数は多くなります。

さらに!おすすめなところは

  • たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能
  • 火災保険のプロが無料で提案してくれる
  • 納得がいくまで何度でも無料で相談できる
    見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料見積りをしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません。
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいのです。

簡単に、火災保険料を詳しく見積もれるので気軽に依頼してみてください。
火災保険の見積もりサービスは沢山ありますが、今回は1番おすすめの「ウィズマネ火災保険」のみご紹介しました。

火災保険の見直しや加入の際に、是非参考にしていただければと思います。
無駄な補償をつけたり、火災保険料の支払いをしないように、自分で火災保険を見直しましょう。

ウィズマネ火災保険はコチラから

  • この記事を書いた人

火災保険の選び方編集部 ファイナンシャルプランナー

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-東京海上日動, 火災保険会社
-,

© 2021 火災保険の相場。選び方からランキングまで【ウィズマネ火災保険一括見積り】