日新火災 火災保険会社

日新火災の賃貸用火災保険の特徴 ネット加入で保険料がリーズナブル!

2018年8月21日

FP
今回は日新火災の賃貸住宅用の火災保険「お部屋を借りるときの保険」についてご紹介していきます。

日新火災の賃貸用火災保険「お部屋を借りるときの保険」とは?

FP
日新火災の「お部屋を借りるときの保険」は賃貸住宅でのくらしをサポートしてくれる火災保険です。

家財の補償

火災、落雷、水ぬれ、盗難などで保険対象の家財(家具や家電、衣服など)に生じた損害を補償してくれます。

大家さんへの賠償

火災、水ぬれなどで借りている部屋に損害が生じた場合に、大家さんへの損害賠償金や修理費用などを補償してくれます。

日常生活のトラブルに

日常生活で発生した偶然な事故によって、他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりした場合に損害賠償金などを補償してくれます。
また、被害者になった場合にも弁護士費用や法律相談費用などを補償してくれます。

暮らしの「困った」に

水まわりのトラブルやカギをなくして家に入れないなどの暮らしのトラブルに24時間・365日無料でサポートしてくれます。

日新火災「お部屋を借りるときの保険」の特徴

「お部屋を借りるときの保険」は、賃貸住宅にの入居に必要な補償がセットになっています。

「お部屋を借りるときの保険」の3つの特徴

  • リーズナブルな保険料
  • 持ち運び可能なポータブル保険
  • 契約内容の変更や解約手続きがインターネットで簡単にできる

リーズナブルな保険料

日新火災の「お部屋を借りるときの保険」はインターネットでの契約のため、リーズナブルな保険料となっています。
火災保険料は、「純保険料」と「付加保険料」に分けられます。

  • 純保険料:保険金の支払にあてられ、補償内容が同じであれば保険会社による差はありません。
  • 付加保険料:保険会社の運営経費にあてられ、保険会社の人件費や宣伝費、事務所費用などです。

保険会社によって保険料が違うのは、主に「付加保険料」に差があるからです。

日新火災の「お部屋を借りるときの保険」ではインターネット契約のため付加保険料が少なくて済みます
それだけでなく、インターネットで簡単に申し込めるようにシンプルな設計になっています。
付加保険料が少ないことで、リーズナブルな保険料での加入が可能になっているのです。

持ち運び可能なポータブル保険

日新火災の「お部屋を借りるときの保険」は、「家に掛ける保険」ではなく「人に掛ける保険」というのがコンセプトとなっています。

通常の賃貸用火災保険では、転居をする際、建物の構造や地域の違いによって保険料が異なるため、加入している保険料の精算をして契約内容を転居先に合わせて変更するか、 転居先の仲介不動産会社で家財保険に再び加入する必要があります。
転居先で再び加入する場合、転居前に加入していた家財保険の解約を忘れてしまうと、保険料の二重払となってしまうのです。

日新火災の「お部屋を借りるときの保険」はポータブル保険なので全国どこでも保険料が変わりません
そのため、面倒な保険料精算はなく、インターネットで住所変更するだけで良く、保険料の二重払も発生しません。

解約の手続をするまで、保険契約は自動継続特約が全契約に自動セットされるため、更新忘れというものもありません。

契約内容の変更や解約手続きがインターネットで簡単にできる

日新火災の「お部屋を借りるときの保険」は、契約内容の変更や解約手続きを契約者ページから自分で行うことが可能です。
代理店や保険会社に連絡したり、変更に必要な書類を作成・提出したりする必要がありません。

インターネットでできる手続き

  • 住所変更
  • 連絡先の変更(電話番号・メールアドレスなど)
  • 名前変更(改姓など)
  • クレジットカード変更
  • 契約解約や自動継続の中止
【更新を止める場合】
満期日の2か月前までに日新火災から保険契約の更新の案内が送付されるので、契約の更新を止める場合は、契約者ページから契約の継続を止める手続を行います。

【途中で契約を解約する場合】
契約の継続時期以外に、保険期間の途中に契約者ページから解約手続を行えば解約することができます。

日新火災の賃貸用火災保険「お部屋を借りるときの保険」の家財補償

FP
日新火災の「お部屋を借りるときの保険」では①から⑨の事故で被った損害に対し補償してくれます。
地震、噴火等を原因とする事故の場合は、補償してくれませんのでご注意ください。

家財の補償

  1. 火災
  2. 落雷
  3. 盗難
  4. 通貨・預貯金証書の盗難(通貨は20万円限度、預貯金証書は200万円または家財保険金額のいずれか低い額が限度です)
  5. 水ぬれ
  6. 破裂・爆発
  7. 風災・雹災・雪災(損害額が20万円以上の場合にお支払いします)
  8. 物体の飛来・落下・衝突・倒壊等
  9. 騒擾・集団行動・労働争議に伴う暴力行為・破壊行為
  10. 損害発生時の付随費用(残存物取片づけ費用保険金・損害防止費用)


出典:日新火災海上保険株式会社

保険金が支払われる場合
  • 自宅に雷が落ちたことが原因で、パソコンが故障してしまった場合。
  • 空き巣が入り、バッグと現金合わせて15万円が盗まれてしまった場合。
保険金が支払われない場合
  • 大雨で河川が氾濫して、床上浸水しカーペットやソファーが汚れてしまった場合。
  • 室内で子どもが走り回って、テレビにぶつかりテレビ画面が割れてしまった場合。

日新火災の賃貸用火災保険「お部屋を借りるときの保険」の賠償責任補償

借家人賠償責任

1事故の支払限度額:2,000万円
家財の補償の1.火災、5.水ぬれ、6.破裂・爆発の事故によって、借りている部屋に損害を与え、大家さんに対して損害賠償責任を負った場合に損害賠償金等を補償してくれます。


出典:日新火災海上保険株式会社

保険金が支払われる場合
  • ストーブの消し忘れでボヤを起こし、壁紙やフローリングが焼けてしまった場合
  • 洗濯機のホースが外れて水浸しになり、床のフローリングを汚してしまった場合
保険金が支払われない場合
  • 室内の模様替えをしていたら壁紙を傷つけてしまった場合
  • 子どもが遊んでいる時に、障子を破いてしまった場合

個人賠償責任

1事故の支払限度額:1億円
日常生活で発生した偶然な事故によって、他人の身体をケガさせたり、他人の財物を壊してしまい法律上の損害賠償責任を負った場合に損害賠償金等を補償してくれます。

保険金が支払われる場合
  • 洗濯機のホースが外れて下の部屋に漏水し、下の住人の家財が濡れて弁償を求められた場合
  • 子どもが自転車で車にぶつかりバンパーを破損させ、修理費用を請求された場合
保険金が支払われない場合
  • 友だちから借りたゲーム機を誤って床に落として、壊してしまった場合
  • 自動車を運転中に飛び出してきた人に接触しケガを負わせてしまった場合

被害事故法律相談費用等

保険期間中の支払限度額:30万円
不測かつ突発的な事故によって被害を受け、身体に障害を負ったり、家財が損害を受けて負担した弁護士費用または法律相談費用を補償してくれます。

保険金が支払われる場合
  • 大雨で雨漏りしてベッドや衣類が汚れたので、大家さんに弁償を求めても取り合ってくれず、弁護士に相談した場合
  • 子どもが自転車と接触しケガをしたので、加害者に治療費を請求したが支払われず、弁護士に相談した場合
保険金が支払われない場合
  • 夫によるDV被害を弁護士に相談した場合
  • 自動車の接触事故の交渉を弁護士に相談した場合

日新火災の賃貸用火災保険「お部屋を借りるときの保険」の費用補償

修理費用

1事故の支払限度額:300万円
家財の補償の1~3、5~9の事故によって、借りている部屋に損害が発生し、賃貸借契約に基づいて自費で修理を行った場合の修理費用を補償してくれます。


出典:日新火災海上保険株式会社

保険金が支払われる場合
  • 空き巣に玄関のドアロックを壊され、賃貸借契約で玄関ドアの修理を行った場合
  • 外から石が飛んできて窓ガラスが割れてしまい、賃貸借契約で窓ガラスの修理を行った場合
保険金が支払われない場合
  • 退去点検の際に、タバコのヤニで壁が黄ばんでいるからと、交換代を請求された場合
  • 台風が来た時に窓を閉め忘れて、室内に雨が吹き込みクロスがはがれてしまった場合

日新火災の賃貸用火災保険「お部屋を借りるときの保険」の無料サービス

FP
「すまいのサポート24」は「お部屋を借りるときの保険」を契約した方が無料で利用できる現場急行・応急処置サービスです

「すまいのサポート24」では夜間や休日にも対応してくれる24時間・365日サポートのサービスです。
修理業者の手配と30分程度の応急処置費用を無料で提供してくれます。

無料サービスの範囲

    • 家のカギの紛失・破損による玄関や勝手口の鍵開け作業
    • 給排水管の水もれ箇所に対し30分程度の応急処置作業
    • 給排水管のつまり箇所に対し30分程度のつまり除去処置作業(場合によっては有料になることもあり)

火災保険、本当にそれでいいの?FPが教える火災保険の見直し方

日常生活の中で、火災保険について見直そうと考えている人は少ないと思います。
また、家を購入した方は契約の際に火災保険へ加入して保険料も一括払いでそのまま忘れていたなんて方も多いでしょう。

FP
忘れている方にも思い出してほしい「火災保険」の見直し方について解説します。

火災保険はいつでも見直しできる!

火災保険は、生命保険とは違って貯蓄性はなく、掛け捨てであることが多いです。
※満期返戻金が支払われる火災保険もありますが、保険料が高額となります。

そのため、火災保険加入時に保険料を一括で支払ったという方でも、解約すれば解約返戻金として残りの保険期間の保険料は払い戻されます。

FP
つまり、火災保険はいつ見直しても損しない!ということです。

火災保険の補償は自然災害だけじゃない!だから自分で比較して選ぶことが大事

火災保険は、火災の損害を補償してくれる保険と思っていませんか?

FP
火災保険の補償は、火災や風災だけではありません!

火災保険の基本補償

  • 火災・落雷・破裂・爆発
  • 風災・ひょう災・雪災
  • 水災
  • 水濡れ
  • 物体の落下・飛来・衝突
  • 騒じょう・集団行動などによる破壊
  • 盗難・盗難による破損・汚損
  • 偶然な事故による破損・汚損

火災保険は、火災だけでなく盗難や破損汚損などのリスクも補償してくれる「家の保険」です。
そのため、自宅に必要な補償か必要のない補償かは自分自身でしか判断できないのです。

不動産会社や住宅メーカーから勧められる火災保険では、基本的に全ての補償がセットになったプランとなっています。
もし加入している火災保険に全ての補償がついていたとしても、火災保険で補償されることを知らずに自費で修理していたら保険料を支払っている意味がありませんよね。

でも、自分で補償を選ぶのは難しそう…。面倒くさいという方がほとんどだと思います。
そんな方でも簡単に自分で火災保険の補償を選ぶ方法・比較する方法があります。

火災保険はプロに相談して、自分で比較・選択する!

自分で一から火災保険について調べるのは面倒ですし、時間もかかります。

FP
そこで便利なサービスである、一括見積もりサービスを有効活用しましょう。

火災保険の一括見積もりサービスを利用することで、火災保険のプロと必要な補償を相談することができます。
自宅の状況や生活環境について話をすることで、必要な補償はどれか、不必要な補償はどれかを教えてくれます。

比較できる会社数が多いからおすすめ「ウィズマネ火災保険」

なぜ「ウィズマネ火災保険」がおすすめなのかというと、最大12社の火災保険から見積もり比較できるからなんです。

火災保険会社12社を自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。
ウィズマネ火災保険」なら、それを火災保険のプロが適切な火災保険を選んで提案してくれます。
最大12社から選んでくれるので自分にピッタリな火災保険に加入できます。

FP
私が調べた火災保険見積もりサービスの中で、一番比較できる会社数が多かったです。
比較するなら、簡単にできるだけ多くの選択肢から、一番良いものを選びたいですよね。

※比較できる商品数が多いとアピールしている一括見積もりサービスがありますが、実際には同じ火災保険会社の商品でも別商品としてカウントしているため、比較できる会社数が多い方が比較できる数は多くなります。

さらに!おすすめなところは

  • たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能
  • 火災保険のプロが無料で提案してくれる
  • 納得がいくまで何度でも無料で相談できる
    見積りだけ渡されて終わりというわけではなく、本当に納得するまで細かく相談できるのは嬉しいですよね。
  • 無理な勧誘が一切ない
    火災保険の無料見積りをしたからと言って、必ず契約をしなければならないということはありません。
    自分に合った火災保険を見つけられた時だけ、契約すればいいのです。

簡単に、火災保険料を詳しく見積もれるので気軽に依頼してみてください。
火災保険の見積もりサービスは沢山ありますが、今回は1番おすすめの「ウィズマネ火災保険」のみご紹介しました。

火災保険の見直しや加入の際に、是非参考にしていただければと思います。
無駄な補償をつけたり、火災保険料の支払いをしないように、自分で火災保険を見直しましょう。

ウィズマネ火災保険はコチラから

  • この記事を書いた人

火災保険の選び方編集部 ファイナンシャルプランナー

火災保険の選び方では、火災保険会社のホームページや資料情報から、料金や保険内容を細かくまとめて紹介しています。もちろん、ファイナンシャルプランナーならではの視点でアドバイスしているので、これから火災保険の加入や変更を考えている方は是非チェックしてください。

にほんブログ村 ファイナンシャルプランナー 地震・災害へ

-日新火災, 火災保険会社
-

© 2021 火災保険の相場。選び方からランキングまで【ウィズマネ火災保険一括見積り】