資金計画

返済比率を確認しよう!住宅ローンを無理なく返済するためには何%以内が正解?

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知)

返済比率(返済負担率)とは、その人の年収に占める住宅ローン返済額の割合の事を言います。

この係数は安全な返済計画を立てるうえでの指標になる他に、住宅ローン審査の中でも特に重視されているとても大切な項目です。

「年収の○倍までであれば借りても良い」という言葉を聞く事があると思いますが、この方法も間違いではありませんが、銀行の審査で実際に使用する返済比率の計算方法をぜひ覚えて、返済計画のチェックを自分で行えるようにしましょう。

返済比率を求めるための計算式

計算式

年間の住宅ローン返済額 ÷ 額面年収 × 100 = 返済比率

額面年収500万円、年間の住宅ローン返済額が120万円の場合

計算例1,200,000円 ÷ 5,000,000円 × 100 = 24(%)

他に借入れ金がある場合

自動車ローンや奨学金の返済など他の借入れ金がある場合は、年収から借入金の年間返済額を引いて計算をします。

審査時に申告が必要になる主な借入れ

自動車ローン、教育ローン、カードローン、クレジットカードの分割払い、リボ払い、キャシング、奨学金返済、スマホや携帯の分割購入 など

計算式

年間の住宅ローン返済額 ÷ (額面年収 - 他の借入れ金の年間返済額) × 100 = 返済比率

年収は手取りではなく額面年収で計算

返済比率を求める際には、手取り年収ではなく額面年収(税込み年収)で計算するようにしましょう。

返済比率は「手取り年収で計算しましょう」といった解説を見かける事がありますが、一般的な返済比率の定義付けは、額面年収に占める住宅ローンの割合となります。

銀行が行う住宅ローンの審査においても、手取り年収ではなく額面年収が基準となります。

手取り年収と額面年収の違い

額面年収とは基本給、残業代、交通費など全て含まれた税金や保険料が引かれる前の年収です。

会社員であれば勤務先から発行される、源泉徴収票の「支払全額」の欄に記載されている額です。

手取り年収とは、額面年収から税金や、保険料を引いた実際にお給料として口座に振り込まれる額の事です。

返済比率は何%以内に納めるのが良い?

一般的に返済比率は20〜25%以内に納める事が望ましいとされています。

お子様のいるご家庭では25%を超えると非常に厳しく、限界ギリギリのラインです。

なるべく長期間で借入れを行い、1年あたりの支払負荷を分散させる事によって返済比率を下げるといった事もできますが、安易に返済期間を伸ばしてしまうと完済時年齢が定年時期を過ぎてしまったり、金利によって総返済額が大きくなるという事も忘れないようにしましょう。

借入限度額は返済比率で決まる

前述しました通り返済計画上は、安全な借入額は返済比率、20〜25%が望ましいとされていますが、銀行の融資限度額は返済比率によって上限が定められています。

例えば、フラット35は年収400万未満の人は返済比率30%以下、年収400万以上の人には35%以下が借入れ限度額となっています。

フラット35の年収による融資額制限

画像出典:住宅金融支援機構ホームページ

安全な借入額が20〜25%であると前述しましたが、このように銀行は思ったよりも多くのお金を貸してくれる事がありますので、借りられるから、借りられるだけ借りるという考えは非常に危険です。

返済比率はなるべくなら低く抑えて、余裕資金で繰り上げ返済をしていく方が安全策と言えます。

返済比率を基準に借入れ額を求める方法

理想的な返済比率が20〜25%だとすると、返済比率を基準に借入額のを求める方法もあります。

例えば、額面年収が500万円で返済比率を25%に設定したい場合には以下の計算式で求める事ができます。

計算例5,000,000 × 0.25 = 1,200,000円

毎月の返済額を求めるには12ヶ月分で割ります

120万円 ÷ 12(ヶ月) = 12万円

年収500万の人が返済比率25%の借入れ額を設定する場合、年間返済額:120万円、毎月返済額:12万円となります。

年収500万の人の具体例

年収500万の人の借入額別、返済比率の変化イメージ
(35年返済、審査金利4%、元利均等返済、ボーナス返済なし、他の借入れはなし)

金利によって返済額が異なるため、返済比率は変化しますが、フラット35は実際に適用される金利、都市銀行などは大体4%で審査が行われます。

借入額年収の何倍年間の返済額月々の返済額返済比率
1500万円3倍797,040円66,420円15%
2000万円4倍1,062,720円88,560円21%
2500万円5倍1,328,400円110,700円26%
3000万円6倍1,594,080円132,840円31%
3500万円7倍1,859,760円154,980円37%
4000万円8倍2,125,440円177,120円42%

まとめ:無理のない返済計画のために返済比率を確認しよう

無理のない返済計画を立てるためには、返済比率の計算を必ずしておきましょう。

要点をまとめると以下の通りとなります。

  • 返済比率は20〜25%以内に納めるのが理想
  • お子様がいる家庭では返済比率25%はかなり厳しい
  • 返済比率の計算は手取り年収ではなく額面年収で計算する
  • 住宅ローンの借入れ限度額は返済比率によって決まる
  • フラット35の場合、年収400万未満の人は返済比率30%以下、年収400万以上の人は返済比率35%以下が借入れ限度額となる

参考住宅ローンは年収の何倍まで借りるのがベストなのか

[PR]モゲチェック

【無料】主要銀行の住宅ローンを一括比較できるサービスご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料一括比較サービス「モゲチェック 住宅ローン診断」です。

たった5分の入力ですぐに住宅ローン比較が可能!

住宅ローンの無料一括比較サービス「モゲチェック 住宅ローン診断」なら、たった5分入力するだけで、主要金融機関の中からおすすめの住宅ローンがすぐに表示されます。

提案までに時間がかかったり、電話で話を聞かれることもありません。 入力した情報と銀行の審査基準をもとに、ピッタリの銀行がすぐに表示されます。

モゲチェックは簡単2STEPで利用できる!

  1. メールで会員登録
  2. 5分の情報入力

この2STEPのみでおすすめの住宅ローンが画面に表示されます!

おすすめ理由と通る確率が銀行ごとにわかる!

モゲチェック 住宅ローン診断」なら、なぜ自分にとってその銀行がオススメなのかの個別コメントと、AIが判定したその銀行の審査に通る確率についても、すぐに表示されます。

住宅を購入したいタクヤさん
住宅ローンはお得に借りられる方が嬉しい。
という方には、もっとこうしたら良い住宅ローンが借りれます!というアドバイスも表示してくれるのが嬉しいポイントです。

住宅ローンの審査申込が画面からすぐできる!

良い住宅ローンを見つけることができたら、すぐにその銀行への審査申込をすることも可能です。 「モゲチェック 住宅ローン診断」なら、仮審査までもスムーズに行うことができます。

住宅ローンを自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。 「モゲチェック 住宅ローン診断」なら、住宅ローンのプロに無料で質問・相談することもできるので、自分にピッタリな住宅ローンを見つけることができますよ。

さらに!おすすめポイント

  • おすすめの住宅ローンをいつでも見返すことができる! 入力して表示されたおすすめの住宅ローンは、マイページに保存されるので、いつでも見返すことができます。
  • 最安金利0.2%台~の銀行もある! 住宅ローンの金利は金融機関によって異なります。 「モゲチェック 住宅ローン診断」では、最安金利0.2%台~のネット銀行も比較することができます。
  • 住宅ローンを借りるまでの流れもわかる! 住宅ローンについて、何もわからない…という方でもわかりやすく借入までのステップが記載されています。知識が無くても、簡単に銀行比較から借入までができます。

住宅を購入したいタクヤさん
住宅ローンの比較を自分でするのは難しいと思ってたんだよね。 これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。 これからは、簡単便利に最適な住宅ローンを見つけてくださいね。
住宅ローンの先生

モゲチェック 住宅ローン診断はコチラから

[PR]モゲチェック

  • この記事を書いた人

yamachi

住宅ローンアドバイザー 借りれる額よりも、返せる額という視点でのアドバイスをモットーとしています。趣味はギターと食べ歩き。ディズニーとテクノロジー好きの30代。無料住宅ローン相談や、寄稿も行っています。得意分野はFintech関連。

おすすめ記事

1

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) \1番おトクな住宅ローンを知りたい!/ 「とにかく金利の低い住宅ローンはどれ?」 「手数料の安い銀行はどこ?」 モゲじいよくぞここまで辿り着いた。この ...

2

「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 最初に結論ですが、フラット35ではARUHIが最短、ネット銀行では全般的に早めですが、auじぶん銀行が最短の審査回答を公表しています。 なかには新生銀行のよう ...

3

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

4

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保に ...

5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

-資金計画