住宅ローンジャーナル

住宅ローン審査ベンチャー企業は不利?勤務先は影響するのか?

監修者

住宅ローンアドバイザー/ファイナンシャルプランナー】 FPオフィスケルン 代表 佐藤 陽

住宅ローンアドバイザー/ファイナンシャルプランナー 佐藤 陽

マイホームを持ちたいと希望する方に20年後も家族が笑って過ごせるマイホーム購入を実現するサポートを行う。大手ハウスメーカーにて15年間、家づくりの最前線で年間300件を超える住宅ローンアドバイス、ローン取次業務を経験する。将来の家計を見据えた無理のない家づくり予算を導き出す独自の「家づくり予算診断サービス」はこれからマイホームを購入しようとするお客様に好評を得ている。住宅ローンについても金融機関ごとの審査の傾向を把握した住宅ローン選定のお手伝いなど家づくりをお金の面からサポートしている。机上の理論だけではなく、融資申込から審査対応・融資実行までの実務に精通し、更に家づくりの現場を知る強みを持つ。
【保有資格】ファイナンシャル・プランナー(AFP) 住宅ローンアドバイザー 宅地建物取引士

人生で最大の買い物とも言われる住宅購入においては、住宅ローンを借りて購入する人も多いでしょう。

近年、住宅ローンの金利は低くなっており、この機会に住宅を購入したいと考える人も少なくないでしょう。

しかし住宅ローンには審査があります。ベンチャー企業や中小企業に勤めている場合「自身の勤務先の規模や売上額では住宅ローン審査において、不利なのではないか」と気にする人もいるようです。

そこで住宅ローン審査の基本を紹介するとともに、勤務先がベンチャー企業や中小企業であることは審査に影響するのか見ていきます。

住宅ローン金利は低い水準を保っている

住宅ローンの金利水準はかつて8%を超えることもありましたが、近年は低い水準で推移しています。

特に変動金利はそれが顕著で、0.5%を切る住宅ローン商品が複数登場しています。

変動金利よりも金利水準の高い全期間固定金利でも1%台前半の住宅ローン商品が複数あります。

住宅ローン金利が低い今、住宅を購入する方にとっては、金利を抑えて購入するチャンスといえます。

冒頭でも述べたように、ベンチャー企業や中小企業に勤めている人が自身の勤務先属性について、「住宅ローン審査において、不利なのではないか」と懸念することは少なくないようです。

まずは住宅ローン審査の目的や審査において見られる項目などを確認しましょう。

住宅ローン審査の目的と意義

一般的には事前の「事前審査(仮審査)」「本審査」と2つの審査を経て住宅ローンの融資を受けられます。

事前審査(仮審査)と本審査の違いは次のとおりです。

事前審査(仮審査)の目的と意義

事前審査(仮審査)とは、融資を検討する水準に達しているかを予備的にチェックする審査です。

事前審査(仮審査)の申込みに際して提出すべき書類は本人確認書類と源泉徴収票などの収入が分かるものとなります。

事前審査では、主に申込人の返済能力を審査しています。収入の安定性やクレジットカードや車のローンなどの返済状況なども確認され、貸しても大丈夫な人かどうか個人を確認しています。

本審査はさらに購入する物件の資料や工事の図面や見積書など準備すべき書類が増えます。本審査では、金融機関内でも決裁する立場の人が増え、審査機関も事前審査に比べると増えます。

事前審査は早い金融機関では、翌日に結果が得られることもありますが、数日間を要するのが通常です。

もし事前審査(仮審査)が通らなかった場合は「借入額を見直す」「他の金融機関へ申込を行う」などの対策を立てることが可能ですが、過去のクレジットカードの支払いに遅延がある場合などは金融機関を変えても通らないこともあります。

本審査の目的

事前審査(仮審査)よりも厳密に返済能力を審査されるのが本審査です。

収入に関しても、事前審査で提出していない書類を新たに求められることもあります。物件資料についても細かく精査されます。

「融資して問題ないか?」
「借入希望額の返済をしていける収入の安定性は問題ないか?」
「返済は問題なくされるか?」
などが厳しくチェックされます。

審査期間も事前審査(仮審査)よりも長くなります。

事前審査(仮審査)にかかる日数は数日程度が目安ですが、本審査では一週間はかかると考えておきたいです。

ベンチャー企業や中小企業は不利なのか

住宅ローンを供給している民間金融機関を対象としたアンケートである、国土交通省の「令和元年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果報告書」から、金融機関が住宅ローン審査において「考慮する」とした項目を紹介します。

【融資を行う際に考慮する項目】

  • 完済時年齢 98.7%
  • 健康状態 97.9%
  • 借入時年齢 97.2%
  • 担保評価 96.1%
  • 勤続年数 93.2%
  • 連帯保証 93.1%
  • 年収 92.9%

本調査では「勤務先の規模」は「25.4%」となっています。これを見ると、勤務先の規模は審査項目としての優先順位は高くないようです。

勤務先や年収よりも上位に挙がっているのは「完済時年齢」と「健康状態」そして「担保評価」です。それぞれ、次のような理由で重要です。

【完済時年齢】

多くの金融機関において完済時年齢の条件があります。完済時年齢は「80歳未満」とされていることが多く、完済時年齢を意識して借入期間を決定しなければならないといえます。

借入時の年齢から逆算する必要があるため「借入時年齢」も同様に重要で、「借入時年齢」は第4位に挙がっています。

【健康状態】

住宅ローン融資において、団体信用生命保険の加入が必須条件になっている金融機関がほとんどです。

そのため、団体信用生命保険の審査が承認にならないと融資を受けることはできません。

なかには団体信用生命保険への加入が不要な住宅ローンもありますが、そのような住宅ローンは保障がない分、審査が全体的に厳しくなると推測されます。

【担保評価】

住宅ローンにおいては、原則として購入するマイホーム(土地含む)を担保に入れます。

金融機関にしてみれば担保は、住宅ローン契約者が返済できなくなった場合に債務を回収するための重要なものです。

万が一の時に債務回収できるだけの価値があるのか、厳格に見極められます。

つづいて、第5位に「年収」第6位に「勤続年数」が挙がっています。

勤務先の規模よりも「いくら稼いでいるのか」「継続して勤務しているのか」などが重視されているようです。

この項目からはベンチャー企業や中小企業といった企業規模の外形よりも、年収や勤続年数といった内実が重要である考えられます。

その意味では、ベンチャー企業や中小企業だから極端に不利になるとはいえません。

ただしベンチャー企業の場合はそもそも創業から年数が経っていないこともあるでしょう。

その場合は勤続年数も短くなるめ、そのようなベンチャー企業は仮に年収が高くとも審査が厳しくなる可能性が高いことを知っておきます。

ベンチャー企業や中小企業で注意すべきは?

金融機関によって差はあるでしょうが、国土交通省の「令和元年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果報告書」の結果から見れば、ベンチャー企業や中小企業だからという理由だけで大きく不利になる可能性は低いといえます。

しかし、そうは言っても大企業と比較すると不利な面もあるでしょう。

ベンチャー企業や中小企業が特に注意すべき点を紹介します。

ベンチャー企業や中小企業における「年収」についての注意点

大企業は不景気や売り上げの減少など、多少業績が悪化しても持ちこたえるだけの資本があるでしょう。

大企業と比較すると、ベンチャー企業や中小企業は安定性では、どうしても劣ると考えられるため、「事業環境の変化によって、企業業績が不安定になり、申込人個人の収入にも影響する可能性が高い」と判断される傾向にあります。

住宅ローンは返済期間が長期になるため、審査において「年収が下がる可能性があるのではないか」と懸念されると、マイナス材料が増えてしまいます。その懸念に対応するためには、収入が下がっても影響は少ないと考えられる借入額に抑える、つまり自己資金を増やすことが有効です。

つまり住宅ローン審査における「年収」は、年収そのものの高さ(額)よりも、安定性と返済負担率が重要だとされます。

年収が高くとも、それに比例して物件価格が高ければ、返済不能となるリスクもまた高いと判断されます。

年収に応じた返済額となっているのかが重要ですので、年収に占める返済金の割合、いわゆる「返済負担率」に注意していきましょう。

返済負担率とは、年収に占める住宅ローンの年間返済額の割合のことで、返済負担率(%)=年間返済額÷年収×100」で算出できます。

フラット35の場合、返済負担率の上限は35%とされています(年収400万円以上の場合)が、現実的には返済額が35%に達すると家計が苦しくなる世帯が多いです。

世帯により差はありますが、返済負担率は20%~25%以下を目指すといいでしょう。

返済の安定性を増すための方法

ベンチャー企業や中小企業の人に限りませんが、審査を通りやすくするなら返済の安定性を増していく必要があります。具体的には、次のような方法があります。

  • 購入物件の予算を見直し借入額を小さくする
  • 頭金(自己資金)を増やす

これらの方法によって返済負担率の軽減が見込めます。

また「定年退職後も長く返済が続く」「完済年齢が80歳ギリギリ」といった場合は返済期間も見直します。

ただし、単に返済期間を短縮させると返済負担率が増えてしまうので、返済負担率とのバランスを取ることが重要です。

また、次にように、家族の協力が得られるかも検討します。

  • 配偶者と協力して頭金(自己資金)や審査場の世帯収入を増やす
  • ペアローンや親子リレーローンも検討する
  • 親族から資金援助が得られないか検討する

総合的な住宅ローンの審査対策を

住宅ローンだけでなく、家計全体の健全性を上げることも重要です。

例えば返済負担率を算出する際は、住宅ローン以外の借入の返済額も含めて計算します。

そのため、マイカーローンや家電ローンなどを事前に完済しておくのも住宅ローンの審査対策となります。

気になる人は、個人信用情報を確認しておくといいでしょう。

↓↓信用情報についてはこちらで解説しています。↓↓

計算機と住宅の模型
住宅ローンの審査可否を決める3大要素と、審査に通らない場合に考えられる理由

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) この記事でわかる事 住宅ローンの審査項目には何があるの? 金融機関が特に重視しているポイントは何? 審査に通らない場合に考えられる理由 住宅ローンを ...

続きを見る

カードローンやクレジットカードの支払いに関して延滞してしまった場合は、信用情報に「延滞履歴」が残ります。

延滞情報は通常2年間は履歴が残ります。(異動情報は5年間残ります) 履歴があるうちは住宅ローン審査では不利となります。

クレジットカードの分割払いや、携帯電話の割賦払いなどについて「そういえば口座残高が不足してしまったことがある気がする」といった心当たりのある方は、信用情報機関に問い合わせを行うと自分の登録情報が確認できます。

まとめ 勤務先の規模等よりも、堅実な返済計画を立てよう

ベンチャー企業や中小企業の人は、勤務先が審査に及ぼす影響が気になるかもしれませんが、住宅ローン審査では年齢や物件の担保価値、返済の安定性など総合的な評価がなされます。

勤務先の規模等は審査に影響する項目の一つではありますが、それだけで判断されるわけではありません。無理のない返済計画を立てていくことが住宅ローン審査に通る第一歩となります。

[PR]モゲチェック

【無料】主要銀行の住宅ローンを一括比較できるサービスご紹介!

今回ご紹介したいのが、無料一括比較サービス「モゲチェック 住宅ローン診断」です。

たった5分の入力ですぐに住宅ローン比較が可能!

住宅ローンの無料一括比較サービス「モゲチェック 住宅ローン診断」なら、たった5分入力するだけで、主要金融機関の中からおすすめの住宅ローンがすぐに表示されます。

提案までに時間がかかったり、電話で話を聞かれることもありません。 入力した情報と銀行の審査基準をもとに、ピッタリの銀行がすぐに表示されます。

モゲチェックは簡単2STEPで利用できる!

  1. メールで会員登録
  2. 5分の情報入力

この2STEPのみでおすすめの住宅ローンが画面に表示されます!

おすすめ理由と通る確率が銀行ごとにわかる!

モゲチェック 住宅ローン診断」なら、なぜ自分にとってその銀行がオススメなのかの個別コメントと、AIが判定したその銀行の審査に通る確率についても、すぐに表示されます。

住宅を購入したいタクヤさん
住宅ローンはお得に借りられる方が嬉しい。
という方には、もっとこうしたら良い住宅ローンが借りれます!というアドバイスも表示してくれるのが嬉しいポイントです。

住宅ローンの審査申込が画面からすぐできる!

良い住宅ローンを見つけることができたら、すぐにその銀行への審査申込をすることも可能です。 「モゲチェック 住宅ローン診断」なら、仮審査までもスムーズに行うことができます。

住宅ローンを自分で比較しようとしたら、とても時間もかかるし、大変ですよね。 「モゲチェック 住宅ローン診断」なら、住宅ローンのプロに無料で質問・相談することもできるので、自分にピッタリな住宅ローンを見つけることができますよ。

さらに!おすすめポイント

  • おすすめの住宅ローンをいつでも見返すことができる! 入力して表示されたおすすめの住宅ローンは、マイページに保存されるので、いつでも見返すことができます。
  • 最安金利0.2%台~の銀行もある! 住宅ローンの金利は金融機関によって異なります。 「モゲチェック 住宅ローン診断」では、最安金利0.2%台~のネット銀行も比較することができます。
  • 住宅ローンを借りるまでの流れもわかる! 住宅ローンについて、何もわからない…という方でもわかりやすく借入までのステップが記載されています。知識が無くても、簡単に銀行比較から借入までができます。

住宅を購入したいタクヤさん
住宅ローンの比較を自分でするのは難しいと思ってたんだよね。 これ使えば簡単で速いし便利だね。

そうなんです。 これからは、簡単便利に最適な住宅ローンを見つけてくださいね。
住宅ローンの先生

モゲチェック 住宅ローン診断はコチラから

[PR]モゲチェック

  • この記事を書いた人

住宅ローンの教科書 編集部

住宅ローンの教科書では、わかりにくい住宅ローン選びの疑問と不安を解消するための情報発信をしています。ファイナンシャルプランナー(FP)ならではの視点でアドバイスしているので、これから住宅ローンを探そうとしている方や借り換えを考えている方は是非チェックしてください。

おすすめ記事

1

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) \1番おトクな住宅ローンを知りたい!/ 「とにかく金利の低い住宅ローンはどれ?」 「手数料の安い銀行はどこ?」 モゲじいよくぞここまで辿り着いた。この ...

2

「審査の早い住宅ローンをお探しですか?」 最初に結論ですが、フラット35ではARUHIが最短、ネット銀行では全般的に早めですが、auじぶん銀行が最短の審査回答を公表しています。 なかには新生銀行のよう ...

3

金融機関が住宅ローンの融資金額を決定する際には、返済負担率(その人の税込年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合)を一つの判断基準としています。 たとえば、年収500万円の人の年間返済額が125万円の ...

4

(構成・文=山知/編集部住宅ローンアドバイザー) 銀行は自分が返済できる額よりも、もっと多くのお金を貸してくれる事があります。 その理由は、もし仮に契約者がローンの返済ができなくなったとしても、担保に ...

5

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを何歳まで組めるのか?は、金融機関ごとに異なります。 多くの民間金融機関では、①借入れ時の年齢と、②ローン完済時の年齢の2つの年齢制限を設 ...

6

(文・構成=編集部 住宅ローンアドバイザー・山知) 住宅ローンを借りる際に注意しておきたいのが、銀行から借りれる額と、返せる額は必ずしも同じではありません。 金融機関は思ったより多くの金額を貸してくれ ...

-住宅ローンジャーナル